テレワークの今後の進化

テレワークは今後も活用される頻度は高まり、企業としても当たり前の文化になっていくと思います。しかしながらさらにテレワークを推進させていくためにはいくつかの課題、さらに企業としても投資すべき要素、仕組みとして整えるべき要素があることも実態です。それを具体的に挙げていきたいと思います。

まずは勤務管理です。実際にどのような仕事を行いどのような残業を行い、どのような成果を上げることができたのかを明確にすることが難しい以上、テレワークが当たり前の企業文化でどのような管理を行うのか明確にする必要があると思います。
そして仕組みを作るだけではなく現場がいかにそれを実践することができるかそこが大きなポイントです。

次に投資の部分です。なんといってもこれからは通信網が4Gから5Gになります。現在はテレワークで利用する通信網が4Gであっても対応し、テレビ会議もそれほど高精細でなくてもコミニケーションが取れれば良いとされています。

しかしながら様々な業務にテレワークが活用されるようになれば今後、世の中で浸透していく5Gが基本になってくるでしょう。
固定の光回線よりも安定したレベルになった際、ポイントは企業として個人負担でインフラまで準備させることは難しいと言うことです。テレワークを活用させる以上は企業として働き方を整えるための投資をしなければなりません。

実際にこのインフラはプライベートでも使うことにもなりますので企業としては非常に切り分けが難しいのですが、ルールを決めて投資するほかないでしょう。

そして最後に仕組みの部分です。
テレワークをどんどん推進することによって社内の業務フォルダや、イントラネットにアクセスするデータ量が非常に増えてきます。当たり前のことながらパンクしても業務に支障きたしますので社内の業務フォルダ、通信網をどれだけ整備することができるか、あらゆる試算を行って投資を行う必要があると思います。
長期的な投資が必要になる部分もあると思いますのでトップダウンでこれは進める必要があるでしょう。

最後に風土づくりがポイントになるでしょう。どのようなインフラや制度を作ったとしても現場に浸透しなければ全く意味がありません。
いかにしてテレワークを聴いとした働き方改革を浸透させることができるか、これが同じくトップダウンになるかもしれませんが今後の大きなポイントになるといえます。 最後に風土づくりがポイントになるでしょう。

どのようなインフラや制度を作ったとしても現場に浸透しなければ全く意味がありません。いかにしてテレワークを聴いとした働き方改革を浸透させることができるか、これが同じくトップダウンになるかもしれませんが、今後の大きなポイントになるといえます。そして企業にとり、最も大きなハードルになりかねません。

SNSでもご購読できます。